2015年日本における予想がん患者数は982,100人(男性560,300人、女性421,800人)とされ、前年の予想値と比べ約10万人増加の予測。また、予想がん死亡数は370,900人(男性219,200人、女性151,700人)とされ、前年の予想値とほぼ同じになっていたが、2015年人口動態統計によると、全死亡者数が過去最多の129万人。そのうち「がん 」で亡くなった方は370,131人となり予想に近い結果となった。この統計から、3.5人に1人が「がん」になる時代が到来したと言えます。

【我が国の「がん」の現状と将来予測】

◆人口の高齢化とともに罹患者数と死亡者数は更に増加し、2030年前後には「がん多死社会」が到来。国民の2人に1人が「がん」に罹る。

◆働き盛り世代の死因の40%は「がん」であり、小児の病死の第1位も「がん」である。

◆年齢調整死亡率(75歳未満)の減少は鈍化している。

◆一方、早期発見や治療法の進歩により生存率は向上し、がん経験者は年に60万人増える。

2014年の死亡者が多い部位(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター調べ)

1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 肝臓 膵臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、町長7位
女性 大腸 膵臓 乳房 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸2位、直腸9位
男女合計 大腸 膵臓 肝臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸7位

癌は親から遺伝すると言われていますが、実は遺伝によって癌が発症する確率は約5%程度です。

日々の生活が原因で発病する生活習慣病なのです。従って、自分の家系に癌患者がいない場合も安心はできません。誰もが癌になる可能性があるのです。タバコ・ストレス・食生活、放射線・ウィルスなど、癌になる原因は様々です。一度癌と診断されると、人生に様々な困難が立ちはだかります。通院、入院によって働くことも難しくなり、治療は体に大きな負担を及ぼし、莫大な費用も必要となります。家族にも多大な負担を強いることになります。そして、最後に待ち受けているのは死という恐怖です。しかし、現代医学において癌は不治の病ではなくなりました。早期発見することで、様々な治療を受けることができ、癌という病から生還される方も多くなっています。しかし、早期発見よりも大切な事があります。それは、予防です。癌と診断される前に、日々の生活を見直してはいかがでしょうか?


ヨウ素のお話し

ヨウ素は生物進化に必須の成分です。

ヨウ素が体内でどのように働いているのか、ヨウ素不足が体に起こす影響とは?

ヨウ素による治療や副作用についてもご紹介します。