ごあいさつ

医療法人社団浩然会NTクリニックの癌治療法は、副作用のある癌の三大療法(外科治療・科学治療・放射線治療)を控えて マイクロ波照射による温熱療法を基本に、ヨウ素や水素等のサプリメントによって癌を駆逐する総合医療です。 本治療法の特徴は、正常細胞を温存しながら、癌細胞だけを壊死させる事にあります。 又、治療時間も30分前後と短い為に副作用も無く、全ての癌に効果が見られる処にあります。 更に、常識的な治療費で通院治療が出来るメリットもありますので、一度ご相談される事をお勧めいたします。

医療法人社団 浩然会 NTクリニック院長
筒井 浩一郎 -Dr.Kouichirou Tsutsui-

◆日本メディカル育毛研究会会長 ◆日本メソセラピー研究会 ◆日本美容皮膚科学会会員
鹿児島大学医学部卒業。
九州大学医学部第一内科、明静会美容皮膚科クリニック院長、美容外科・皮膚科ELクリニック院長歴任。
再生医療、特に幹細胞療法に精通し、最新育毛医療では草分け的存在として高く評価されています。


名医が勧める 副作用のないがん治療


「豊富な臨床例が証明する新しいがんの治療法」

医療法人社団浩然会NTクリニックに於けるがん治療法は、副作用を伴う従来の三大治療法(外科手術・抗がん剤・放射線)をできる限り控えて患者の負担を最小限に抑えながら回復を目指すもので、今後のがん治療の世界に革命を起こす新しい治療方法の事です。

この治療法は、2005年から主に末期の患者さんを中心に開始された5,000例の臨床例があります。

その結果、まったく副作用のない事が確認されております。また、症状が好転した事例が数多く報告されているものです。

マイクロ波照射治療

がん細胞は熱に大変弱いものです。

41度で死滅が始まり42.5度以上になると完全に死滅します。

医療法人社団浩然会NTクリニックに装備しているマイクロ波照射装置は、数十秒でがんの患部の温度を43度に上昇させてがん細胞を死滅させる事が画期的な装置です。がんの原発部位は元より転移が予測される部位にも照射して治療と予防の効果を発揮しております。

水素ガス吸引治療

1台3役の理想的な水素発生器「HYDROX」を用いた水素ガス吸引治療を行っております。

▲医療法人社団浩然会NTクリニックで導入 1台3役の水素発生器

▲美と健康を創り出す水素の力

生命活性水治療

医療法人社団浩然会NTクリニックで処方されている、生命活性水は、再生医療の第一人者筒井浩一郎医院長が開発した副作用のない高機能ミネラル鉱泉水です。以前からヨウ素には、がんは元より肝硬変や糖尿病の治療に卓越した機能が有ることが多数の臨床データによって証明されている貴重なサプリメントです。

Catalyzer  希少ミネラル治療

九州大学との共同研究によって、癌を初めとして様々な症状に対する効果が確認されている、世界中で宮崎しかとれない希少ミネラルです。

カタライザーの原料は、通常では地表に出ることのない地下40mの海綿状の地層から採取しています。カタライライザーの原料は、断層運動により海が孤立し、土石流や火山灰などにより地底に埋蔵されていたものと考えらます。この地層には、魚介類・海藻・苔・海水中のミネラル・微生物などが共棲しながら自然に発酵分解をくりかえしている極めて特殊な場所で、古生代の清浄な海のミネラル類や、人体に欠くことのできない必須アミノ酸が豊富に含まれています。このような非常に珍しい地層から原料を丁寧に取り出し、あくまで自然の力を利用しながら熟成させ、特殊技術により約半年かけて熟成・活性化させた抽出成分がカタライザーです。


名医が勧める 幹細胞再生医療


あのころの輝く姿を取り戻す 奇跡の幹細胞

皮膚や髪の毛は一定期間ごとに入れ(はえ)替わっていきます。

これは皮膚や毛穴の内部に新しい細胞を産み出すもとになる、幹細胞が存在しているからです。

この幹細胞は、サイトカインの指示(信号)により、新しい細胞を産み出します。

加齢によりサイトカインの働きが低下していくと、皮膚の細胞は老化し、髪の毛の量も減少していきます。

再生医療では幹細胞サイトカインを投与することにより皮膚や毛髪の生産が活性化され皮膚の若返り、毛髪の再生を図るのです。

医師だからできる 確実な発毛技術

薄毛や脱毛は、毛母細胞の機能不全や男性ホルモンの過剰によって引き起こされる病理現象です。

育毛剤やマッサージぐらいで発毛するものではありません。

医療法人社団浩然会NTクリニックには、再生医療と生理学を駆使した治療方法で「90%の確立で発毛させる医療技術」があります。一度お気軽にご相談される事をオススメ致します!!

発毛内科治療だから安心・安全 95%の発毛率を誇ります!

毛髪を造る幹細胞は、毛穴の皮脂腺の下部に存在しています。

4~6年ごとに毛髪幹細胞は新しい毛母細胞を造ります。

毛髪の幹細胞サイトカインの低下は、発毛の抑制、毛周期の短縮化を引き起こし脱毛症に至ります。毛髪幹細胞サイトカインであるKGF及びFGFの投与により幹細胞の活性化及び毛周期の正常化を図り毛髪の再生を実現します。

再生医療資料 (28 ダウンロード)

ダウンロードにはパスワード、閲覧には Microsoft PowerPoint が必要です。

【Hydrox 水素ガス治療】

水素は、活性酸素の中でも体の組織や細胞にダメージを与える「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」だけを消去して、善玉の酸素の働きを妨げないことが明らかになっています。

水素ガスの分子は極めて小さく、血管が閉塞している脳にも組織を通じ内部まで到達して、水素水の数百倍の抗酸化作用を発揮し、老化の予防と健康回復に貢献する事が、多くの医療機関から発表されています。


Human Stem Cell Solutionf


【幹細胞】

幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力(自己複製機能)と、別の種類の細胞に分化して際限なく分裂・増殖する能力を持つ細胞のことで、受精卵(全能性)から作られた胚性細胞(ES細胞)は、血液・神経・臓器・骨皮膚等、人体の全ての細胞に分化して分裂する多能性を持っています。

◆胚性幹細胞(ES細胞) ◆胚性腫瘍細胞(EC細胞) ◆胚性生殖細胞(EG細胞) ◆核移植ES細胞(ntES細胞) ◆人工多能性細胞(ips細胞)

【ヒト幹細胞培養液】

ヒトの血液から採取した幹細胞を培養して、幹細胞を採取した後の培養液をヒト幹細胞培養液と呼びます。その培養液には130種類もの細胞活性因子と成長因子が含まれています。サイトカイン、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラシスチンなどの細胞外マトリックスタンパク質、活性酸素を除去するSODなどの酵素、ビタミンなどの生理作用で、皮膚細胞の新生と成長を活性化して皮膚の新陳代謝を図ってくれます。

◆EGF(表皮細胞成長因子)

表皮幹細胞に皮膚細胞を増殖するシグナルを出し肌のターンオーバーを促進し、シミやクスミを改善します

◆FGF(繊維芽細胞成長因子)

新皮幹細胞に繊維芽細胞の増殖を促して、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、SODを増殖し皮膚の老化を防ぐと同時に、皮膚の新陳代謝を促進し、肌の弾力や潤いを回復させるために、シワやタルミを改善して、白くて瑞々しい美肌を作ります。

◆EGF7(KGF角質細胞増殖因子)

FGF7は、別名KGF・ケラチノサイト増殖因子と呼ばれている毛母細胞に作用すると、毛母細胞が増殖と分裂を始める。毛母細胞は分裂を繰り返すと角質化して、髪の毛となり成長していきます。

◆PDGF(血小板由来成長因子)

繊維芽細胞の増殖を促進します。

◆TGF-B(トランスフォーミング成長因子)

抗炎症作用が有り、アトピー性皮膚炎や様々な皮膚トラブルを改善します。

◆VEGF(血管内皮膚細胞成長因子)

新生血管の形成を促進して皮膚細胞の新陳代謝を速めます。

 

NTクリニックでは、上記の成長因子・増殖因子を活用した再生治療を行っています。

 

医療法人社団浩然会NTクリニック 診療科目



医療法人社団 浩然会 NTクリニック
〒812-0014 福岡市博多区比恵町13-15 モンリジェール 2F
TEL.092-473-6225 FAX.092-473-6226

●初診日 / 月・火・水・木

※治療は月曜日~金曜日全て可能となります。
※15:00~16:00はお昼休みとなります。
※初診料は8,000円となります。

●診察日 / 月・火・水・木・金
●診察時間 /11:00~20:00